ウーマン

ビジネス英語をマスターする方法|オンラインを利用する

このエントリーをはてなブックマークに追加

レベルを知る

勉強

コミュニケーションに必要

日本では英語が上達しているか知るために試験を受けることができます。代表的な試験は英語技能検定やTOEICとなりますが、最近はTOEFLの試験を受ける人が増えています。Test of English as a Foreign Languageを略した言葉となり、「Writing」「Speaking」「Listening」「Reading」の4つを判断することができます。コミュニケーションに必要な要素となり、英語が母国語ではない人に向けた試験として開発されました。

対策をする

現在は日本でも英語が必要となることが多いですし、喋れることで学校や仕事にもプラスになります。そのため、TOEFLを受けることで自分の英語スキルを知ることができますが、日本では対策のために専門スクールへ通う人も多いのです。やはり、独学で読み書きを行うことはできても、実際に喋ったり、聞いたりすることが難しい場合もあります。専門スクールなら効率の良い勉強ができますし、TOEFLの試験に向けて対策を行うことができるでしょう。

集中力が必要

TOEFLは上記に挙げたように4つの要素を含めたテストとなるので、試験にかかる時間も長くなります。約5時間近くに及ぶので、集中力を鍛えることも大切となります。専門スクールでは対策だけでなく、集中力が身につく場所でもあります。そのため、TOEFLの試験に合格できるためにも、専門スクールで対策を行うといいでしょう。